リバブレーションチャンバーってどんなもの?

リバブレーションチャンバー

リバブレーションチャンバーはスマホや携帯電話で利用されている無線アンテナの評価をすることができる装置です。無線機用のテスターと一緒に利用することで無線アンテナの性能評価ができます。最近では低コストでコンパクト、高い性能を持つリバブレーションチャンバーが製造されており、電力や受信感度など製品開発のための検査を効率的に行うことができます。ノイズを抑えることのできる空間で反響の実測ができる実反射環境を作ることができます。

反射反響室を作るシミュレータ

リバブレーションチャンバーとは反射反響環境を作り上げることのできるシミュレーターです。高いレベルの電磁界を発生させることで、再現性が高くなります。再現性とはスマートアンテナの開発評価に必要な項目で、長い反響時間を室内で計測できることを指します。常に同じ環境条件を設定することができるので実験の再現性が向上するのです。周波数の違いによる反応や振動パターンを適切に合理的に実験することができ、バランスのとれた再生が可能になります。

アンテナ設計の最適化

リバブレーションチャンバーはアンテナ設計の最適化をするのに有効でマルチパスシミュレータとも呼ばれています。理論性を実験によって検証し、特定の周波数や振動から規格の問題点を把握します。チャンバー内の電界強度を高分解モードで分析することで、測定濃度からアンテナの機能評価が可能になります。アンテナの効率、放射パターンを計測することが可能なので、従来は小型反響箱や電波反響室といった専用の設備が必要でしたが、リバブレーションチャンバーのおかげでこれらを省略することができるようになりました。

リバブレーションチャンバーとは、電磁波環境の試験をおこなうためのツールです。従来は、電波暗室等を利用していましたが、それに比べて、高い正確性と測定時間の短縮、小型化などのメリットがあります。