外壁塗装の塗料の選び方を知っておこう!!

塗装の種類はこれだけある!

住宅の外壁塗装をするときには、どの塗料を使うかが意外と大事になります。では、外壁塗装で利用する塗料にはどのような種類があるでしょうか。まず、代表的な塗料はシリコン系塗料になります。シリコン系塗料が人気なのは、コストパフォーマンスに優れいているからです。シリコン系塗料より安い塗料にウレタン系塗料と、最近あまり利用されていないアクリル系塗料があります。一方、高機能塗料と言われる物にはフッ素系塗料と光触媒塗料などがありますね。

どれを使うのがいいか

どの塗料を使うのがいいかはどの建物を塗装するかによって異なりますが、民家であればシリコン系塗料が一番妥当でしょう。シリコン系塗料は一度塗ると15年は長持ちしますし、費用も1平米で3000円ぐらいになります。迷ったときはシリコン系塗料がいいでしょう。割とどこにでも塗ることが出来る点も人気がある理由です。もし、お金が無ければウレタン系の塗料でも十分ですね。耐用年数は10年から12年ぐらいになりますが、シリコン系よりは安く仕上げることが可能です。

アクリルと高機能塗料についてはどうか

一方、アクリル系塗料に付いてはどうでしょうか。アクリル系塗料は値段が安いためそれほどお金をかけたくない人が利用するのは良いかもしれませんね。ですが、最近の住宅でアクリル系塗料を使っている例はそれほどありません。なぜなら、あまり民家には合わない塗料だからです。高機能系塗料であるフッ素系塗料は耐用年数が20年とかなり長いのが特徴ですが、これも2階建てや3階建ての民家では使うことはあまりありません。主にビルや高層マンションなどで利用する物になります。

外壁塗装の相場は、施工をする範囲や期間の長さなどに左右されることがあるため、信頼のおける業者に依頼をすることが肝心です。