包茎手術を受ける前に知っておきたい3つのこと

包茎手術のトラブルも多い

日本人の約7割は包茎であり、そう考えると悩んでいる人も多いことが推測されますよね。包茎であることで社交的になることができず、異性にアプローチできなくなる要因も含んでいる問題であり、手術を受ける男性も年々増えています。それに応じてトラブルも多くなっている現状がありますので要注意です。コンプレックスで悩み手術をしたいのに、その痕が目立つトラブルもあり、さらに新しいコンプレックスを生む原因になることもあります。

手術を受けるなら信頼できるクリニックを

このようなトラブルを避ける方法として、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。いろんなクリニックで包茎手術を受けることができる環境が整っていますが、推奨される場所は包茎手術を専門に扱っているクリニックを選びましょう。目立ちにくい手術を提供しており、いろんな患者に接していることで経験も豊富です。このような経験と実績が包茎手術のトラブルを無くすことに貢献します。近いクリニックで施術を受けられる、安いなどといった理由で受けないようにしましょう。

果たして本当に必要な手術?

包茎であることでコンプレックス以外にも深刻な症状が出ることもあります。カントン包茎であれば亀頭を締め付けることになり、日常生活に支障を来します。常に包皮が亀頭を覆っていることで通気性が悪くなり雑菌が多くなることで、亀頭包皮炎になることも。このような症状がある場合は早急に治療が必要になりますが、そうではない場合果たして本当に必要なのか?という問題になります。日本人の7割が包茎であることを前提にして、それほど問題にならないことも多いです。本当に必要な手術であるのかを、まず自身に問うようにしましょう。

包茎は、男性器の亀頭部分が包皮で覆われている状態を言います。そして、覆われている状態によって、真性・仮性・カントンという種類に分類されます。