備え有れば憂いなし!企業が講じるBCP対策を紐解く

そもそもBCP対策って何?

BCP対策とは、日本語で言えば「事業継続計画」の事を指します。企業が経営を行っていく上で避けては通れないのが、不測の事態です。自然災害や不祥事、事故など、経営に突如として大きな影響を与えうる事態はいつ起こるか分かりません。そうした万が一に備え、仮に損害を受けたとしても、それを最小限に食い止める事ができるように事前に計画を練り、準備を行う事がBCP対策、と言えます。そうした準備は「非常時マニュアル」として作成され、それを保守・運営する事が企業にとっての使命ともなります。

BCP対策が重要性を増した歴史的背景を探る

BCP対策はまず、自然災害の面から重要性が高まってきました。1995年の阪神大震災以降、地震、台風、噴火の発生といった自然災害が日本国内でも増加の一途をたどりつつあります。他にも、国内テロの危険性の高まりなど新たな脅威も指摘されています。さらには、近年のSNSの発達によって、食中毒や不祥事といった企業のマイナス行為も広く知れ渡るようになっています。こうした要因がいわば「外圧」となって、企業としてはよりレベルの高いリスクマネジメントの必要性が出てきたのです。

BCP対策の実践を解明する

不測の事態に備えた企業のBCP対策は、具体的にどのような形となって表れるのでしょうか。それは各種マニュアルに準拠します。まずは「初動対応マニュアル」です。自然災害や事故が発生した時にまず取り得るべき行動について書かれており、被害を最小限に食い止め、さらにその後の仮復旧につなげていくための方法がまとめられています。他にも初動対応が完了した後の本格的な仮復旧、さらに本復旧を目指すためのマニュアルも用意されています。そして、常に不測の事態に対応するために、こうしたマニュアルを保守運用することで、BCP対策の継続的な実施へとつなげてゆくのです。

BCP対策とは事業継続計画のことで、企業に自然災害や火災などが降りかかった時、被害を最小限におさえるために、日ごろの活動や緊急時に行うことをまとめた計画のことです。